ハミング・ブログ

hummingwat.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 11日

腕時計は市民社会における手錠である

f0182199_13365616.jpg

本日の日経の春秋より。


腕時計は市民社会における手錠である――。

丸谷才一さんの小説「たった一人の反乱」に、美術評論家がそう一席ぶつ印象的な場面がある。ある写真家が専門誌の賞を受け、その授賞式を描いたくだりだ。副賞が腕時計だったことから、評論家の長いスピーチが始まる。

▼昔、時計は権力者の高価な玩具にすぎなかった。近代社会になり、労働時間の管理や商談などに時計は必須になる。時計塔から置き時計、腕時計へと小型化し、便利であると同時に人を縛る道具になっていった。だから真の自由人に時計は要らない。写真家に対し腕時計を贈るのはふさわしいか。そんな趣旨の演説だった。

▼多くの人にとって、腕時計は一人前の大人の証しかもしれない。ところが最近、若者に時計をしない人が増えているという。時間なら携帯電話で確認できるからだ。空いた手首を狙う作戦か、近く米アップルが新商品「アップルウオッチ」を発売する。きのう予約受付が始まり、試着できる店はかなりの混雑ぶりをみせた。

▼単なる時計ではなく高機能の情報端末だ。脈拍測定など健康管理にも役立つという。所有者同士なら互いの心拍を表示させられるため「デート中、相手がドキドキしているかどうか分かる」と専門家は語る。持ち主の行動や健康の情報も集めやすい。便利な道具か、進化した「手錠」か。使い手側も知恵を磨く必要がある。





ふむふむ。。。

真の自由人に時計は要らない・・・か。


時計本来の機能のみを重視した『時計』なら要らないが、
自分をアピールする小道具としての、趣味的要素の強い『時計』なら要るのではないでしょうか?
[PR]

by humming-watch | 2015-04-11 13:40 | 時計 | Comments(6)
Commented by mekatokei-king at 2015-04-11 14:42
うわぁ、手錠がいっぱい置いてある…
なんか悪いこと、したすか?
盗撮したら、あかんよ
Commented by humming-watch at 2015-04-11 15:00
mekaさん、こんにちは。
そうなんです。余罪がいっぱいあり過ぎて・・・
ってコラ( *`ω´)
Commented by kujisuke at 2015-04-11 22:47
そのうち、ぜいたく禁止令が発令されたりして。
中身が機械で動いたら取り上げ罰金!
だから裏蓋はガラスじゃなくなって。
そしたらガラスより貴金属のが高いから余計
厳しくなってね笑。

Commented by 時間泥棒 at 2015-04-11 23:45 x
初めまして!
と、言いましてもいつも楽しく拝見させていただいており、親近感すら感じるようになっています。
お許し下さい。
日常ではあまりお目にかかる事が出来ない時計達を見せていただけるので、大変有り難く思っています。

勇気を出してコメントさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします!

あ、肝腎のブログの内容についてはコメントは、、、いやはや既に時計の信徒の私にとっては、もはや喜んで手枷でも手錠でも受け入れますよ!
毎夜ニヤニヤしながら腕にはめた時計を眺めている姿はさしずめ、教会で熱心に祈りを捧げる姿のよう。。。

時計教ならぬ時計狂。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Commented by humming-watch at 2015-04-13 10:29
kujiさん、おはようございます。
ぜいたく禁止令が発令される以前に、時計が値上げしすぎてもはや”ぜいたく”出来ません(涙)
Commented by humming-watch at 2015-04-13 10:31
時計泥棒さん、おはようございます。
初めまして、コメント頂きありがとうございます。
時計マニアなら手錠でも嬉しいものですよね(笑)
お気軽にコメント下さいませ。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 58年の時空を超えて・・・      ワインの一期一会 >>