ハミング・ブログ

hummingwat.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 16日

桃源郷へ行ってきました!

久しぶりの更新です。
ちょっと体調を崩してからバタバタしておりご無沙汰しておりました。

先日久しぶりにスープルでワイン会を開催しました!
f0182199_1621359.jpg


今回のテーマは・・・
ズバリ・・・

『ミュジニー』


死ぬまでに絶対飲んでみたい究極のブルゴーニュ・ワイン。


もうそろそろ飲んでもいいかな?と思いまして
満を持してあの伝説のワインを空ける事にしました。


ジョルジュ・ルーミエ ミュジニー 1997
f0182199_16323688.jpg


そして、比較の為に用意したのが・・・
同ヴィンテージ、同畑のこのワイン

ヴォギュエ ミュジニー 1997
f0182199_16372872.jpg

贅沢にも偉大なるブルゴーニュを代表する2本のミュジニー対決となりました!


ヴィンテージ的に見ても1997年はタンニンが細かく滑らかで、酸が低めで長熟向きでは無いと言われていますので、13年を経てちょうど飲み頃に差し掛かっていると思います。


そして脇を固める贅沢な泡と白

ジャック・セロス シュプスタンス 
f0182199_16473135.jpg


エティエンヌ・ソゼ バタール・モンラッシェ 2002
f0182199_16551819.jpg



ジャック・セロスもソゼもヴォギュエも素晴らしく美味しいワインだったのですが・・・
ルーミエのミュジニーの前では何もかも吹き飛んでしまうほどのもの凄い衝撃でした!



ルーミエは全体がオレンジがかったかの様な色合い
f0182199_16571688.jpg


ちなみに、ヴォギュエのミュジニーはこんな色でした。
f0182199_1726843.jpg



ルーミエのミュジニーから・・・・



香りをひと嗅ぎすると・・・・
周りが一瞬真っ白になり静寂が訪れる。



ひとくち口に含むと・・・・
言葉にならないあまりの美しさに呆然としつつ悠久の余韻に心身を委ねる。



天使の羽の浮遊感の夢見心地の中、桃源郷へと誘う。



恐ろしくピュアでなんとも官能的で魔性の味わい。





遂に・・・

桃源郷ワインの真髄を見た!



どんな風に表現しようとしてもし尽くせないほどの香りと味わい。。。





こんな凄いワインを味わったのは初めての経験です!

もちろん圧倒的にナンバーワンです!



同席した師匠F氏は完全に陶酔しきってしまい。

『今まで飲んできたワインの中で一番美味しいワインだ!』
『もうワイン人生を終わりにしてもいいぐらい衝撃だ!』

・・・と大絶賛でした。



ジョルジュ・ルーミエのミュジニーは間違いなく・・・
ブルゴーニュでもっとも偉大なワインだと思います。



私は逆に、この味わいを知ってしまい・・・
俄然ワインに対する情熱が湧いてきました。


うーん・・・ワインは凄い!



そして料理もいつも通り絶品でした。

アミューズ・ブーシュ
f0182199_17243394.jpg


黒毛和牛もも肉のカルパッチョ ~トリュフ風味で~
f0182199_17244488.jpg


旬の魚介とお野菜 ~トマトのジュレと共に~
f0182199_17245344.jpg


毛ガニのガレット 夏野菜のサラダ ~フランボワーズの風味で~
f0182199_1725565.jpg


シャラン産鴨胸肉のロースト ~生醤油とトリュフのヴィグネットソース~
f0182199_17251367.jpg


デザート
f0182199_17252947.jpg


スープルのソムリエをはじめスタッフの皆さん、当日はいろいろお気遣い頂きありがとうございました。

ご馳走様でした。
[PR]

by humming-watch | 2010-07-16 17:30 | ワイン | Comments(4)
Commented by one_after909 at 2010-07-16 19:37
ハミングお師匠様!桃源郷へ解脱されてので御座いますね??
(・・・すみません変な表現(笑))

すばらしいお写真に文章!読んでる方がもう堪りませんです。。。

是非是非、更に其の先のワイン黄泉の国(あるんか?)に向けて"真理"探究の旅へ出向かれ、また今度、僕にはまだまだ早いので桃源郷への入り口登山道辺りで説法を宜しくお願い申し上げます~<(_ _)>
Commented by humming-watch at 2010-07-17 09:25
飽商さん、おはようございます。
桃源郷は噂通りの素晴らしい処でしたよ!ずっと其処に居たい衝動に駆られましたが・・・なんとか無事に帰ってきました。
私の稚拙な文章ではとても表現できないようなワイン(もう別の飲み物といっても差し支えないほどもの凄い液体)でした。まさに『天使の羽』、『天女の羽衣』と言った表現がぴったりのワインです。
師匠F氏は、「以前飲んだ200万円のロマネコンティよりはるかに上だ!」とおっしゃってました。
また桃源郷→黄泉の国への旅路をご一緒しましょう!
ジョルジュ・ルーミエの上級コース逝っときますか???
Commented by dachiro at 2010-07-17 18:03
ハミングさんのお師匠さんをして、そうまで言わしめるとは!
これは是非一度トライせねば・・・いつかは。
今日から500円玉貯金かなー。
まだ暫くは飲み頃続くと良いのですが・・・(笑)
Commented by humming-watch at 2010-07-17 18:59
dachiroさん、こんにちは。
本当に言葉では表現し尽くせないもの凄いワインでした!(マジで・・・)
ワインというモノを超越した味わいでまさに魔性の液体!今まで飲んだどのワインとも比べようのないまったく違う次元の液体です!
是非、一度ご賞味下さい!
今回はたまたまヴィンテージと飲み頃が良かったのかも知れませんが・・・是非違うヴィンテージ(グレートヴィンテージ)も試してみたくなりました。私も500円玉貯金でその時に備えます(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 京都ネーゼ      不定期ワイン会@スープル >>