ハミング・ブログ

hummingwat.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 12日

ワインに感情を覚える・・・

f0182199_10243995.jpg

やっと本題に入りますw

ボトル個々の写真を撮り忘れたので、Luxurydaysさんより無断転用させて頂きます。スミマセン。


さてさて、ようやくシャンパーニュ・ロゼがグラスに注がれました!
f0182199_10204758.jpg


ジャック・セロス ロゼ NV
f0182199_103343100.jpg

年間生産本数が僅か2500本という芸術作品。

桜をイメージさせる綺麗なピンク色の液体にキラキラと繊細な泡が弾けます。

おおぉ!
口に含むと、繊細で可憐な少女のよう・・・
AKBで喩えるなら・・・いやいや喩えませんよ(笑)

ミネラル感だとか酸味だとかAKBとかwそんなことを考えることが出来なくなる程に、
単純に『美味しい』!!!

何も考えずにグビグビ飲んでしまいます。

時間が経つにつれて、ジャックセロスらしさが垣間見れるのですが・・・
いい意味で”らしくない”素晴らしいロゼでした。


G・ルーミエ コルトン・シャルルマーニュ 1995
f0182199_10453335.jpg

ルーミエ唯一の白ワイン、希少なグレートヴィンテージの熟成モノです。

シャープな印象のシャルルマーニュですが・・・
このルーミエの白は、熟成を経てとろりと凝縮した果実味とオイリーな感じになっておりました。

f0182199_10524386.jpg

かなり黄色身を帯びた液体。

想像とはまったく違う味わいに、
頭の中が『お!』『え?』でいっぱいになってしまい、味わいの分析思考能力がゼロに!


そして、混乱したままついに赤へ・・・

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ リシュブール 1998
f0182199_1125794.jpg

若干オフビンテージながらちょうど飲み頃にさしかかったであろうDRCのリシュブール

DRCならではのスパイシーな感じと凝縮した濃厚な果実味、そして”まるで百の花を散りばめたような・・・”と表現される華やかな芳香を期待しておりましたが・・・


やはり想像とは違いました!!!


ちょっとスケールは小さめですがお花畑のイメージは確かにあって華やかなのですが、
どことなくはんなりと落ち着いた大人の女性のような印象でした。


このワインも、一生懸命香りを嗅いで口に含んでみるものの・・・
あれこれ味わいの分析をすることを拒まれ・・・・

『考えるな!感じろ!!』と言われているような気がしました。


この時点で、もう訳が分からなくなってきましたw



そして真打登場!

アンリ・ジャイエ ヴォーヌ・ロマネ 1級畑 クロ・パラントゥ 1986
f0182199_11122786.jpg


25年の熟成を経てコルクはボロボロになっておりました。
f0182199_1114460.jpg


しかし、グラスに注がれた液体は、
その年齢を全く感じさせない澄んだ美しいルビー色をしており、まさに”魔物”!
f0182199_111545100.jpg


味わいも、古酒のイメージは微塵も感じられず、
瑞々しくてジューシーな赤い果実味が口の中を覆いつくします。


建造物のイメージはなくて・・・
壮大な大自然の中に放り出された感じ。。。


どことなくオレンジっぽさが垣間見れるところは、ルーミエやルロワと似ている感じがしますが、味わいの性質はまったく別物です!


ソムリエがイメージされたのは・・・
『干し柿』


このワインも味わいの分析を拒まれ、
漠然としたイメージだけが印象に残ります。


感じろ!感じろ!


そう頭の中で念じながらも、
もやもやとした濃い霧の中から抜け出せない自分がいます。



頭で考えすぎたのでしょうか?


やはりまだまだ修行が足りないようです。。。



『この偉大なワインは、感情を感じさせるワインである。』



飲んだ瞬間から湧き上がる感情に涙する・・・


そんな境地になれるように、もっとワインを経験を積んでから・・・

また改めて何年後かに”ジャイエのクロパラ”を飲んでみたいと思います。




そして、神をも恐れぬ行為、



このワインをAKB48で喩えると・・・





松井珠理奈
f0182199_121283.jpg



若干14歳なのに年齢を感じさせない大人な雰囲気と
礼儀正しく落ち着いたしっかり者な所がクロパラと似てる???かな?(爆)

f0182199_1222120.jpg



『干し柿』・・・ならぬ『人参』で(笑)
f0182199_1235511.jpg


お後がよろしいようで・・・
[PR]

by humming-watch | 2011-07-12 11:16 | ワイン | Comments(4)
Commented by one_after909 at 2011-07-12 22:00
こんばんは!

参られましたね? 『お後の宜しい...』。。。(^ー^)

改めまして当夜は有難う御座いました...。記憶を手繰りつつ僕も纏めたいなと思って居ります。前記事のお言葉、含蓄及び慈悲深くすばらしいです。(赦された心持ち...)

今日、伊勢丹/三越ワイン&リーデル売り場に帰り寄って参りました。リーデルグラスでの試飲会をやってました。。。
Commented by humming-watch at 2011-07-13 12:04
飽商さん、こんにちは。
賛否両論ありますが・・・また喩えちゃいましたw
もうそろそろ限界です(笑)

どんなに高価で希少なワインでも飾ってるだけではなく、飲んで味わってみないことにはその本質がワカリマセンからね?
取り合えず飲んでみることで次の道しるべが見えてくると思います。

リーデルグラスで飲むと美味しく感じられますよね~。
あまり大きいのを買うと食器棚を占領して奥様に怒られますよ(笑)
Commented by pp5396 at 2011-07-14 13:29
画像ご使用頂き光栄です。
リーデルのグラスは美しいですね。
飲めない私はポールジローの葡萄ジュースで(笑)
Commented by humming-watch at 2011-07-14 17:19
pp5396さん、こんにちは。
無断転用スミマセンでした。訴えないで下さいねw
リーデルと他のグラスとの比較とかもやってみたいものです。
葡萄ジューズも味が変わるかも???
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< もはや、ロマネコンティを超えた...      真に偉大なるワイン・・・ >>