ハミング・ブログ

hummingwat.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 14日

ゴージャス誕生祭 ~本編~

f0182199_1053791.jpg

先日、いつものスープルにて飽商さんとF師匠とで私の誕生祭を開催して頂きました。

この歳になって家族以外から誕生日を祝って貰うのは稀な事で、嬉しは恥ずかしでございます。

『誕生祭』と言うことで・・・
飽商さんが”私の誕生年のワイン”をご用意して下さいました。
f0182199_12124157.jpg

シャトー・ラトゥールの1973年!!!
偉大なるボルドー五大シャトーのバースディ・ヴィンテージ!!
ありがとうございます。


そして、F師匠が用意して下さったシャンパーニュを・・・
ソムリエがイキナリ居合い抜き!!!


とりゃー!!!
f0182199_12152260.jpg


見事なサーベルさばきで一刀両断!
瓶口を切り落とし、シャンパーニュは抜栓されました。

f0182199_12172572.jpg

f0182199_12171156.jpg


アンドレ・クルエ シルバー・ブリュット NV
f0182199_1221254.jpg

このシャンパーニュは、ブラン・ド・ノワールのノンドゼなのですが・・・
ノンドゼにありがちな鋭利な極辛口の印象とは全く無縁で、ブラン・ド・ブランを思わせる綺麗なミネラル感とふくよかなリンゴや蜂蜜の香り、そして喉ごしがよくて後口もさっぱりしており、とても美味しいです。

自己主張はあまりしないけれど、しっかりと料理とその後のワインを引き立てる事の出来る稀有なシャンパーニュです。



そして、ワインに合わせてスペシャルディナーをご用意して頂きました。

岩田シェフになって初めてのコース料理。楽しみです♪


タスマニアサーモンのタルタルとカボチャのパンケーキ
f0182199_1236342.jpg

カボチャのパンケーキが絶妙なハーモニーと食感を与えており絶品です。
シャンパーニュがすすみます。


オマール海老の一皿
f0182199_12404933.jpg

オマール海老とその後登場する白ワインとの相性は抜群です!


そして特別に、「今日はよい鯛が入荷したから・・・」と仰ってもう一皿ご用意して頂きました。

鯛と松茸ソース
f0182199_12414423.jpg

表面の皮のパリッ感と身のふっくら感が絶妙なバランス。ソースも上品な味付けで大変おいしゅう御座いました。

そして、岩田シェフの得意料理の・・・
トリュフのリゾット
f0182199_12452941.jpg

スペシャルな白トリュフ・バージョン!!!

うーん、うまいー!もう一杯!!
f0182199_18154823.jpg

どんぶり茶碗いっぱい食べたいですwww



そして、いよいよ本日のメインイベント・・・

ゴージャス・ワイン達の登場です!!!


白ワインは・・・

ラモネ ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ 1989  
f0182199_15563260.jpg

f0182199_15574568.jpg

ウルトラ・グレート・ヴィンテージの1989年!!!

ブルゴーニュの白ワイン(シャルドネ)にとってこの30年間でもっとも優れた年と評価されておりますヴィンテージの22年熟成モノ。

ましてや、至宝ラモネのBBモンラッシェとくれば否が応にも期待が膨らみます。



グラスをひと嗅ぎ・・・

強烈な芳香にしばし言葉を失います。。。



色は美しく澄んだ黄金色、粘性はそれほど高くなくさらりとした印象。。。


舌の上をスルリとさり気なく通り過ぎたと思いきや・・・


猛烈な余韻となって、舌の上に雪崩が落ちてきたかのように迫り来る凝縮した果実味。


その圧倒的なパワーになす術がありません。



素晴らしい熟成を経た、逆に若さも感じさせる比類なき至高の白ワインです。


f0182199_1675342.jpg

                      「感動した!!」 


f0182199_1691544.jpg

                      「マンセー!!」
   

F師匠は、「私はこれでもう満足です。ご馳走様でした。」
と他のワインはもう要らないよと言わんばかりにこの白ワインに陶酔しきってました。



そしてついに・・・

『ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ』の登場です!!
f0182199_1613641.jpg





・・・の
ロマネ・サン・ヴィヴァン 1988です!
f0182199_16134991.jpg

なーんだ、やっぱりSt.ヴィヴァンか~!と思われた貴方はかなりのブルゴーニュ通ですねwww


DRCのSt.ヴィヴァンでグレート・ヴィンテージの23年熟成モノ・・・
とくれば大体の味の予想は付くとお思いでしょうがっ!!


いい意味で期待を大きく裏切られる”お味”でした!


DRCの中でもSt.ヴィヴァンは繊細で流麗なイメージですので、グレート・ヴィンテージとは言え23年もの熟成を経て、より優雅で上品な液体になっているハズですが・・・


パワフルでスパイシー!


まだまだ若々しさを感じさせるボリューム感とキメ細かいタンニンがあり・・・
ブラインドで飲んだら、『リシュブール』の『1996年』と思ってしまうほどです。


しかし、余韻の中には綺麗な酸と梅っぽさが仄かに感じられ、なんとも魔性なワインでした。


そんな23年モノのSt.ヴィヴァンをソムリエはデキャンタージュしたのです!!!


普通、澱を取り除く目的以外で古酒をデキャンタージュすることは無いのですが・・・
この古酒はデキャンテージュされて、へたることなく優美なワインへと変貌してゆきました。



そんな赤ワインに合わせてお料理もスペシャルなモノが出てきました。

題して・・・


『ジビエ・オールスターズ感謝祭』

f0182199_1691544.jpg

                      「マンセー!!」


ジビエのパテ オールスターズ(雷鳥、山鳩、エゾ鹿・・・でしたっけ?)
f0182199_17515240.jpg


雷鳥のロースト 肝のソースで
f0182199_1885515.jpg


鹿肉のパイ包み焼き トリュフソースで
f0182199_17522781.jpg


ジビエの季節ですね~♪

ジビエを一度でこんなに沢山食べたのは初めてでした。


おいしゅう御座いました。


まだまだつづく・・・
[PR]

by humming-watch | 2011-10-14 12:52 | ワイン | Comments(2)
Commented by dachiro at 2011-10-14 17:15
ドメーヌと書いてあったのはこれのフリだったのですな(笑)
それにしてもウラヤマー♪ です。
もう白トリュフが入って来る季節でしたね。いいなー^2
Commented by humming-watch at 2011-10-14 17:39
dachiroさん、こんにちは。
思わせぶりな前フリでスミマセン。流石にロマコンは開けれません。。。白トリュフも絶品でしたが、さらにこの後の”ジビエ・オールスター祭り”が最高でしたwww
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ゴージャス誕生祭 ~完結編~      ゴージャス誕生祭 ~予告編~ >>