ハミング・ブログ

hummingwat.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 08日

『納品の儀』 ~ワイン・料理編~

f0182199_15551897.jpg

おめでたい席での乾杯と言えば・・・
このシャンパーニュしかないでしょう!

飽商さんの念願かなった逸品の納品を祝して『SALON ’95』で乾杯!!!
パッテクコレクターのdachiroさんにも立ち会って頂きました。


やはり”SALON”、極上のお味です。


しかし少々硬く閉じていると感じたソムリエは、なんとシャンパーニュをデシャンタージュされました。
f0182199_1601636.jpg


そしてモンラッシェグラスに注がれたSALONはハチミツの甘い香りを漂わせながら徐々にミネラル感が増してゆき、香ばしさと絶妙なバランスを保ちながらエレガントで優美な液体へと変化してゆきました。
f0182199_1603148.jpg



赤ワインへと移り・・・

ルロワ シャペル・シャンベルタン 1966 
f0182199_1610884.jpg



45年の時を経てそのコルクが抜かれます。
f0182199_167375.jpg


綺麗に熟成しながらも、芯がしっかりとしており後10年以上は熟成しそうなポテンシャルを秘めた素晴らしい古酒でした。

出汁の味(旨味成分)がもの凄く、口に含んだ瞬間から唾液があふれんばかりに出てきます。
この感じは、ルロワとルーミエしか経験したことがありません。

ホントに、これはワインの味わいを超越した至極の味わいでした。



そして、伝説の・・・

ドメーヌ・ジョルジュ・ルーミエ ミュジニー 1997
f0182199_1619244.jpg


テイスティングをしたソムリエが開口一番に・・・
『おおッ!オリエンタルな香り!』と叫びました。

確かに、しっとりと湿っぽい古民家を思わせるような陰性の香り。

期待とは裏腹に硬く閉じた印象です。


ここで、ミュジニーが開くまでの間、お料理の紹介をさせて頂きます。

八幡浜の真鯛のカルパッチョ
f0182199_1636557.jpg


活オマール海老とアボガドのカクテルサラダ
f0182199_16374541.jpg


八幡浜のホウボウのポワレ ~サフランのソースで~
f0182199_164111.jpg


フランス青首鴨のロースト ~サルミソース~
f0182199_16415696.jpg

大好物の”鴨”!
ジビエらしく引き締まった身の鴨と黒いキノコの旨味とソースがとても美味しゅうございました。
おかわりお願いします。

ジビエのオールスターズ
f0182199_16423643.jpg


吉野の山奥の猪のロースト ~トリュフソースで~
f0182199_16433288.jpg

珍しい骨付きのイノシシです!
こちらも引き締まった肉質と甘い脂身が絶妙のハーモニーでとても美味しゅうございました。

f0182199_16482194.jpg

                                   感動した!

f0182199_1648493.jpg

                                   マンセー!!


続く・・・
[PR]

by humming-watch | 2011-12-08 16:26 | ワイン | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 『納品の儀』 ~ワイン・料理編...      至極のワインに至高のアテ >>